歳をとるにつれ、ブログを書くのが面倒になってきたのもあり、書く頻度が減ってしまった。しかし、今後死ぬまで10年か、20年か、30年あるかわからないが、書き続けるべきか考えた方がいい。むしろ歳をとるにつれ、過去のことを忘れるだろうからという意味もある。母はホームに入ることが決まったことまで書いた。その後、引っ越し作業中に、しゃがむようになった際に股関節にヒビが入ったと、整形外科クリニックで診断された。母の様子を見ていると、両腕に杖をつき次第に歩きにくくなり、痛そうにするようになり、あらためてクリニックに連れて行った。すると医師からは、救急車を呼び病院に行くようにと言われた。クリニックでは判断できない重篤な状況かもしれない。クリニックへはタクシーを使った通院ではあったが、最後にタクシーから自宅へ向かう際は、2本の杖でさえ歩けなくなり、母を台車に乗せて、大変な思いをした。救急車を呼ぶ際は、入院することになると母自身も考えて、事前に入院の準備をしていた。病院では、CTの検査を行った結果、骨盤骨折と診断された。先月6月25日から入院することになった。